2009年05月22日

FPスタジオの意味



F・Pスタジオの「P」には、実は「ピラティス」と「パーソナル」の両方の意味があります。

「F・パーソナルスタジオ」として始まり、やがてピラティスを導入し、「F・ピラティススタジオ」とも語るようになりました。



ピラティス導入の1年間は、まず皆さん「少数制」を希望されました。

ところが・・・1年後、ペアはほとんど「解散!汗やぶれたハート

個人の予定事情というより、身体がパートナーと違うことに気付くわけです。

パートナーがお休みの際は個別指導になるのですが・・・

個別指導を受講してしまうと、もう少数制に、ましてや集団指導には戻れなくなる現実。


今現在は大半が完全個別会員。若干少数制あり。

経営者として、営利で考えれば・・・汗少数制やグループ指導の方が良いわけですが・・・

私個人の思いは、やはり「お一人お一人の身体に合わせたい」

「動きの精度伝えたい」・・・。

そして元気になって頂きたいのですキラキラ